院長 荒井 敏之

略歴

昭和18年生まれ  陶芸が趣味
昭和44年 日本大学歯学部 卒業

専門とする疾患など

今一番力を入れている治療は「入れ歯」です。

ご挨拶

歯科医師は「医師であると同時に職人であれ」と心に決めております。
自分が納得できる治療を提供するのが歯科医師であり、それは患者さまにとっても最良の治療でなければならないと考えているからです。

私が、今一番力を入れている治療は「入れ歯」です。
入れ歯が合わないことで悩み、不自由している方が大勢いらっしゃいます。そのような患者さまに最高の入れ歯を作ることが私の喜びです。
患者さまにピッタリの精密な入れ歯を作ることで、食生活が楽しくなり、お友達との会話もスムーズになり、充実した日常生活が送れるようになります。

また、学生時代から卒業後しばらくの間、ラグビーをしていた経験からスポーツ歯学にも力を入れております。
歯科医院で作るピッタリ感のあるマウスピースは、一度使うと手放せません。ぜひ一度お試しください。

PAGE TOP